エスゾピックを服用して熟睡する女性
  1. エスゾピックの通販   >  
  2. エスゾピックの注意点

エスゾピックの注意点

注意喚起のサイン

エスゾピックはフィリピンの製薬会社で開発された睡眠導入剤で、発売以来多くの国々で睡眠障害に悩まされている人々の症状を改善しています。

超短時間型の睡眠薬に分類されるエスゾピックは、なかなか寝付くことができない「入眠障害」や夜中に目が覚めてしまう「中途覚醒」の症状に適していると言われています。超短時間型の睡眠薬でもっとも有名な「ルネスタ」の後発医薬品(ジェネリック医薬品)であるので、同等の効果が期待できるでしょう。

エスゾピックでは依存性や離脱症状などが最小限に抑えられていますが、まれに副作用として眠気やふらつきが起こることが報告されています。また、依存性のリスクが極めて低いと言われていますが、常用しているうちに薬がないと眠れないかもしれないといった精神的な依存が起こる可能性があるのです。

エスゾピックは通常1回あたりの服用量が2mgとされています。症状により若干増減しますが、1回3mgを超える服用は禁止されているので、効き目が感じられないからといって、服用量を勝手に増やすことはやめましょう。

また、服用中は催眠効果が発揮されるため、反射神経などが鈍くなります。服用中に車の運転や機械の操作をするのは絶対にやめてください。服用中に車の運転などを行うと、思わぬ事故を起こす可能性があります。

なお、ゾピクロンに対し過敏症の既往歴のある方は、エスゾピックの使用は控えましょう。睡眠薬には筋弛緩作用があるため、重症筋無力症を患っている方もエスゾピックは服用してはいけません。他にも気管支炎喘息や脳血管障害などを発病した経験がある方も、服用は禁止されています。持病がある方や服用中のお薬がある方は、必ずエスゾピックを飲んでも大丈夫か確認した上で服用しましょう。